忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハリポタ更新でーす。

今回はあんまり盛り上がらない試験話……なんですよね。
ギャグ要素が…ギャグ要素がたりねぇ!!!

次回は一気にクライマックス!
リオンの活躍をどうぞ、ごらんくださいませ!

現在、オリジナルファンタジーを創作中。
序章か設定かを近日中にアップする予定です。
よろしければそちらもよろしくです!

リンクを1件追加しました。

返信
>紗奈さま
ふふふ……構図は頭の中で出来上がっているのに、それを書き出せないあのもどかしさ…!!
歯がゆくてたまらないんですよね。
幻想水滸伝ティアクライスのほうは、まだパッケージも開けていない状態なのでなんとも……幻想水滸伝は大好きなゲームなので、はやく思う存分プレイする余裕を持ちたいです。
お題のほう読みました。リボーンは解りませんでしたが、NARUTOの奴を読みましたよ。
また何か考え付いたら、お題を配布するかもしれませんので、その時はまた使ってくださいませ。


>剣さま
お久しぶりです。
前のHPではカキコありがとうございます。
こちらでも、どうぞ応援よろしくお願いします。


>紅翠さま
わー!ありがとうございます。
こちらからもリンクを貼らせていただきます。
イラストの件もありがとうございます!
まさか本当に人様に描いていただけるなんて感謝感激です。
下絵とかの上等なものはありませんが、リオンの特徴としましては
・黒髪で短髪、サッカー少年のような感じの短さですね。
・瞳は青で、目つきはやんちゃな少年(悪がきとも言う)
こんな感じです。
あとは設定や本編でのリオンの言動でのイメージをお願いします!
絵のほう、楽しみにしています。

「はっ!よっ!」

ちわーリオンです。

ただいま暴れ柳相手に、格闘訓練中っす。

やっぱり人間鍛えなきゃねぇ。

 

 

 


死神からの招待状~3rd Stage~
『リオンの占い』

 

 

 

 


『する必要ないと思うけど・・・』

俺がトンファーで襲い掛かってくる枝を捌いていると、少し離れたところで魔法講義をハリーたちにしていたリドルに突っ込まれた。

「必要あるさ。いくら体が頑丈でも、魔力が強かろうと、体がうまく動いてくれないと意味がないし。」

俺は上段からくる枝を最低限の動きで避ける。

次に真横からの枝をトンファーで打ち付ける。

リドルは俺の動きを見ながら、複雑な顔をしている。

「まぁ、相手が魔法を唱える前に伸しちまえばいいんだし♪」

魔法使い、魔法が言えなきゃただの人ってなんかのマンガにあったし~♪

笑顔で言う俺に、みんななにやら納得した顔になった。

(そういう手もあったか。)

(今から鍛え・・・て間に合うかな?)

(今度、パパとママに頼んで格闘技でも習わしてもらおうかしら?)

(剣術・・・はダメか。弓も手元になければ意味がないし、接近戦に不向き。棒術なら・・・)

あの・・・ハリー?ロン?ハーマイオニー?ドラコ?

一体、何を考えてんだ?

なんか来年のみんながすごく怖い気がしてきた。(汗)

ハリーにいたっては黒いオーラが・・・

(みんなにちゃんとした、魔法使いの決闘を教えよう・・・)

リドルの内心の決意を、俺が知る由がなかった。

 

 

 

 

 

 


冬休みも終わり、ハリーの守護霊呪文も順調に進んでいる。

ピーターも俺の魔法で逃げられねー。

ハリーもリドルの言いつけを守って、呪文が完成するまでホグズミートに行かないと宣言している。

けれど、悪いことも起こる。

リーマスさんに、忍びの地図を取り上げられちまった。

いくら本よりはずれた歴史といえど、いくつかの事柄は本の通りになっちまうのか?

俺は魔法薬の鍋をかき回しながら考えていると、後ろからスネイプ先生の咳払いが聞こえ、慌てて振り返った。

「あの・・・どうしました、スネイプ先生?」

「・・・・・・」

ふえ~ん、怖いよ~

「ミスター神楽。今日の課題は一体なにか、覚えているかね?」

え?え~っと確か・・・

「混乱薬・・・ですね?」

しまった・・・今はテスト中だった・・・

「そうか・・・それなら、我輩にはそれが『脱狼薬』に見えるのだが?」

あうっそうかもしれませんね・・・と言っても、俺は本物の脱狼薬を見たことねーけどな。

去り際に、スネイプ先生が俺の評価になんて書いたのかは、わからなかった。

その後のテストは概ね良好。

ただ、DADAのテストは魔法を使わずに突破しちまったが。

そんで最後に『占い学』のテスト。

「さぁ、お座りなさい。水晶玉になにが見えますか?」

俺は煙が立ち込める部屋で、トレローニー先生に言われて、水晶玉の中に見えたのは・・・墓場?

「え~っと・・・墓場が見えます。」

トレローニー先生が墓場と聞いて、嬉しそうな顔をする。

「墓場に黒いローブを着た人がいっぱい見えます。」

「それで?他はどうなのですか?」

「他は・・・俺がいます。今より少し成長した俺が倒れています。」

いやな映像だ・・・って!?こんなかの1人はヴォルデモートじゃねぇのか!!?

「生きてるの?死んでいるの?」

映像の中の俺はぴくりとも動かない・・・これは。

「おそらく、死んでいます。それで・・・!!?」

ビシッ

俺は固まった。

それはもう、ビキッっと!

だって・・・だってさ!次に瞬間死んだ俺が起き上がって無茶苦茶に大暴れしてんだぞ!?驚くだろ!!?

あ、急所に入れた。うわー痛そう・・・

俺はのたうちまわる(多分)死食人に哀れみの目を向けた。

そんで、トレローニー先生はそこで終わりと勘違いしたみてーで、にこにこ笑っている。

「そうですか。大変すばらしいです。」

そう言われたら、最期の映像のこと話せねーよ。

俺はそのまま教室から出て行った。

俺って占いの才能あったのか?

 

 

 

 

 

 


「ってなことがあった。」

ここはハグリットの小屋。

俺は夕飯を済ませて、お茶をするために来たが、そこの番人はいなかった。

しゃーないから、連れてきたフラッフィーとシリウス、ハグリットのペットファングを話し相手にしている。

『すごーい。リオンって占いもできるんだ。』

『だけど、当たるのか?』

『まぁまぁ、占いなんか当たるも八卦当たらぬも八卦って言うし。』

上から順にフラッフィー、シリウス、ファング。

ってか、ファング。どこでその諺を知ったんだ?

「天ちゃん。俺の腕前が信じられねーのか?」

俺がシリウスのほっぺたをむにゅーっと引っ張っていると、ノックが飛び込んできた。

ガチャ

「みんななにやってんの?」

俺が扉を開けると、そこにいたのはハリーたち4人。

「リオンこそ、なにやっているのさ?」

「いや~茶でもご馳走になろうと思ったんだが、肝心のハグリットがいねーからファングたちとおしゃべりしてた。」

「・・・ある意味、虚しくないか?」

「俺にはこいつらの言葉がわかるからさほどは。って、もう真っ暗だな。みんなは何しにきたんだ?」

俺がそう聞くと、ハリーとドラコにがっちり両腕を掴まれた。

え~っと、この体勢は・・・

「「君を探しにきたんだよ!」」

ズルズルズルズルズルズルズルズルズル

「ミギャーやっぱりー!!」

人を引きずるなー!!

俺の叫びはスルーされました。

むなしい・・・
 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]