忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 07  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回でアズカバンの囚人終了!
みなさま大変長らくお待たせしました。

なっかなか更新できないなか、久しぶりにアクセスしてみたら、一日平均500もの人がアクセスしてくれているという状態!?
いやはやびっくりしました。
これだけ多くの人が見てくれているのなら、自分も頑張らないと!という気分になりますが、なにぶん遅筆なもので、一週間に一回できたら良い状態です。
こんな管理人が運営しているブログですが、みなさま楽しんでくださいね。

女性向け別館ブログ始めました。 詳しいことは、一番最初の記事へGO!


レス返信

>水川さま
それがリオンの持ち味なんです。
声の主に関しては、前の話の声の主と今回の声の主は別の人間?です。


>羽月さま
はじめまして、巫女です。
いやー、こんな駄文で喜んでもらえて嬉しいです。
自分もまだまだ修行中の身なので、自分こそ、そちらの文章力を参考にさせていただくかもしれません。
お互い頑張りましょう。


>陽さま
そんなに気に入っていただけて嬉しいです。
ですが、お仕事のほう大丈夫なのですか?
これからもどうぞ、お付き合いくださいませ。


>ルイさま
ハガレン作品をお気に召しましたか!
今度、第2シーズンも始まりますけど、これはアニメ準拠です。
一応、劇場版までは話を考えてあるんですけど、それを文章に起こせないのが現実ですね。
それでも頑張って文章にしようと思います。
気長にお待ちください。

「ですから!何度も申し上げたように、シリウス・ブラックは無実で、ポッター夫妻を裏切った真犯人はピーター・ペティグリューです。」

「いや・・・しかし・・・」

 

 

 

死神からの招待状~3rd Stage~
『アズカバンの真実の囚人』

 

 

 

 


あのあと、俺は眠らせたみんなを医務室へ連れて行き、その医務室で俺は魔法省(無能)大臣ファッジと口論していた。

内容はもちろん、シリウスの無実の証明。

ファッジは口ごもりながらも反論しようとするが、させるか!

「では、なぜピーター・ペティグリューがこうして生きており、また、どうして生きているのならば、魔法省なりダンブルドア校長に助けを求めなかったのですか?わざわざ12年間も!」

「・・・・・・」

ぐぅの音も出ないとはこの事か。

しかし、ファッジも負けじと。

「だ・・・だが、なにかしら事情があったのかもしれん。証拠も証人もいないというのに、勝手な憶測で話さないでくれ!」

証人はポッター夫妻でOKとして、証拠・・・証拠ねぇ・・・!!あるじゃねぇか。とびっきりな証拠が。

「大臣。そんなに証拠が見たいのならば、お見せしましょう。」

俺はベッドに眠るピーターの腕を取り、その袖をまくるとそこにはドクロと蛇の刺青があった。

「そ・・・それは」

ファッジは青ざめた顔で、その刺青を見る。

「大臣ならば、ご存知のはずです。そう!『闇の印』です!これこそが、大臣がお求めになった『死食人』の証です。もう一つ、ピーター・ペティグリューが、ポッター夫妻の『秘密の守人』であることを証明できる方を2名ほど、お呼びしております。」

「だ・・・誰なのだ、その証人は!?」

「それは・・・」

「この者たちじゃ。」

俺が言おうとしたとき、ダンブルドアがその証人と、スネイプ先生とマクゴナガル先生を連れて入ってきた。

「僕たち2人が証言します。このジェームズ・ポッターと。」

「リリー・ポッターが。」

クケケケ。ファッジの野郎、顔が真っ青じゃねーか。

この時点で、俺と(無能)魔法省大臣ファッジの論争が終了した。

俺の完全勝利でな。

 

 

 

 

 

 

こほんっみんなは、ジェームズさんとリリーさんは俺の時空間魔法で助けたのは知っているよな?

けど、それって魔法界じゃ犯罪なわけなんだよなぁ。

机上の理論として言うのは別に構わないが、実践するのは罪ってわけだ。

つーわけで、魔法省を誤魔化したのか教えてあげよう!

まず、ジェームズさんとリリーさんは、アバダ・ゲダブラで死んだのではなく、一種の仮死状態になってたんだよ。

そこにダンブルドアが駆けつけたが、2人は何時目覚めるのかわからない身。

もしかしたら、そのまま目覚めないかもしれないから、妙な期待を持たせないように魔法省にも知らせず、俺の樹海の家で魔法を掛けて2人を隠し、死んだ俺の両親(元の世界でも実際いないし)にその守護を任せた。

そして、その役目を引き継いだ俺が、1年が終わった夏休みのときにジェームズさんとリリーさんが目覚めて、今まで俺の家出リハビリをしていた。

以上が嘘と本当を織り交ぜた作り話なんだが・・・

「そうだったんだ。リオンも苦労してるんだ。」

ハリー?

「あぁ、あなたの両親が亡くなっているなんて!」

ハーマイオニー?

「リオン。夏休みはぜひ、家に来てくれ!」

ロン?

「いや、僕の家へ!母上も歓迎してくれるはずだ!」

ドラコ?

おーい、みんなすんなり信じるなよ。

「ハリー。僕とリリーは、これから魔法省へ行ってくるからね。」

「キングス・クロス駅で待っているわ。」

ジェームズさんとリリーさんはそう言って、ファッジと一緒に出て行った。

ハリーは満面の笑みで、笑っている。

さて、これで1段落かな?

 

 

 

 

 

 

「たっだいま!」

ドサッ

俺は自分の家に着いて、すぐに荷物を降ろした。

そのあとからは・・・

「今日からリオンの家に住むの!?」

「そうだよ、ハリー」

「この家には、特殊な結界が張っているらしいからって、ダンブルドア先生も推してくれたのよ。」

「俺も一緒でいいのか?」

『他に行く所があるのかい?犬。」

え~っと、上からハリー、ジェームズさん、リリーさん、シリウス、リドルです。

なぜか、俺の家でみんな一緒に住むことになっちまいました。

ま~広いし、このメンバーで住んでも全然問題ないんだが、なんでダンブルドアが俺の家に結界を知ってるんだ。

俺の家の結界は、悪意のある者、許可のない者がこの家の半径1km以内に入った時点で、強制的にバシルーラが発動する。

それに魔法省に未成年で魔法を使ったことがバレないように、ジャミングしてある。

他にも、魔法・物理防御もバッチリ!

まさに砦なのだ!!

ま、いろいろあったけど、今年も無事に過ごせたな。

『・・・愛する・・・永久の・・・』

!?この声は!?

俺の耳にまたノイズ交じりの声が聞こえてきた。

毎年、1年が終わるたびに聞こえてくるこの声は、一体なにを意味するのか俺には解らなかった。



GO TO NEXT STAGE?
 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
お久しぶりです
お久しぶりです。
.hack//Splashを書いていた箱庭廻ですが、憶えていらっしゃるでしょうか(苦笑)

執筆が続けていたのですが、最近ようやくHP環境などが整ったので連絡しようと思いました。
そして、死神からの招待状を読みましたが……相変わらずリオンが凄まじいですねw
パラフル度にも輪がかかって、気持ちいいぐらいです。

URLにホームページのアドレスを載せました。
もしよろしければ相互リンクをさせていただけないでしょうか?
ご迷惑であれば無視していただいても問題ありません。

これからも頑張ってください。
箱庭廻 URL 2009/02/07(Sat)22:40:08 編集
お久しぶりです
久々の更新、楽しみにしてました。
いきなりですが、炎のゴブレットではなくアズカバンの囚人が終わったのでは?

ハリー一家は皆で一緒ですね。ペット付ですし(笑)
楽しみに次回を待ってます。
では。
Shin 2009/02/12(Thu)00:02:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]