忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりのハリポタ更新!
サブタイトルは某有名ゲームのタイトルのパロです!
次回でアズカバンの囚人編は終了!


レス返信

>紅翠さま
こちらがいえいえと言いたいです。
私のキャラをステキに描いていただけたのです。
感謝の心は強いですよ。
これからもリオンの活躍をお楽しみくださいませ。

>NONAMEさま
こちらのエドワードは神も魔王の存在も感じていますからね。
超常現象なんてなんのその!の勢いです。
遅筆ですが、気長にお待ちくださいませ。

>曲弦師さま
すみません、本当はもうちょっとプレイヤーとハイドのからみを書きたかったのに、収拾がつかなくなりそうなので、断念してしまいました。
これからもこのブログをよろしくお願いします。

なんだろうなぁ・・・この状況。

実はあのあとかなり省略するけど、シリウスがロンを引っ張って叫びの館にいっちまってな。

そんで、追いかけてリーマスさんも来て、スネイプ先生も来て、スネイプ先生はハリーたち4人にノックダウンさてちまって、ただいまホグワーツに戻る途中なんだよ。

う~ん、なにか忘れている気がする。

 

 

 


死神からの招待状~3rd Stage~
『ディメンターが泣く頃に』

 

 

 

 


「まさかレッドアイズがいるなんて・・・どうして1年間も黙っていたんだ。」

『すまないムーニー。ちゃんとした確信を捕まえるまで、話さないほうがいいだろうと判断して、ね!』

リドルはそう言ってピーターを睨みつける。

睨まれたピーターは情けなく「ひっ」と小さく悲鳴を上げる。

「暴れたら、腕を折るからそのつもりで。」

俺は掴んであるピーターの腕に、少し力を入れる。

腕はミシミシと小さな音がした。

「リオンの場合は砕くだろ?」

ひどいなードラコ。

「そんなことないさ。むしろ、粉微塵?」

「余計悪いって・・・」

「なはははは。あ!そうだ、ルーピン先生これ飲んでください。」

俺は懐から、魔法薬学のテスト中に出来た脱狼薬をリーマスさんに渡した。

いけねーちょろまかしてたの忘れかけてたぜ。

「え?あ、あぁ、確か今夜は満月だったね。ありがとう、助かったよ。」

リーマスさんはすぐにそれを飲み干す。

すっごく不味いらしいけど、大丈夫なのか?

「・・・おいしい・・・これってオレンジの味がする。本当に脱狼薬なのかい?」

「へ?おかしいなぁ、スネイプ先生も脱狼薬だって言ってたんだが・・・」

俺が首をひねっていると、外に出た。

おー月がきれいだー

リーマスさんのほうを見ると・・・なんの変化なし!

おっしゃ!大成功!!

「あ・・・治ったのか?私の体質が完全に?」

リーマスさんは呆然と自分の手を見る。

獣なんかじゃない。人間の手。

『良かったじゃないか!』

「おめでとう!!」

リドルとシリウスが祝いの言葉を言うが、そうも言ってられない。

「どうも、のんびりしてるわけにもいかねーな。」

現れたるは、色とりどりのリボンに、色々なドレスを着たディメンターの大群。

ここまでくると、ある一種の道化だな。

「リ・・・リオン。クリスマス前に作っていたドレスって・・・」

「こいつらへのクリスマスプレゼントv」

エヘvなんて俺がかわいらしく笑ったのに、返ってきたのは、

「「「「「「「『視覚の暴力だ!!!!!』」」」」」」」

怒号の声。

「え~?おもしろいと思うんだけどな。エクスペクトパトローナム!」

俺は守護霊を呼び出して、ディメンターを狩る。

次々と切り裂く、銀色の死神にみんな呆然とする。

「死にたい奴から前へ出な!ほら、ハリーたちも!」

「エ・・・エクスペクトパトローナム!」

俺の言葉にハリーが杖を振るった。

出てきたのは銀のもやや煙なんかじゃなく・・・

「牡鹿?」

そう呟いたのは誰かはわからなかったけど、確かにそれは牡鹿の守護霊だ。

ハリーの守護霊も、ディメンターを次々になぎ倒していく。

そして、ト・ド・メv

「とっとと去らないと次は、化粧するぞvvv」

ニッコリ

俺がそう言うと、ディメンターは本当は聞こえてるんじゃねーのか?ってな勢いで逃げていく。

我先にとばかりに。

やっぱ、俺ってディメンターの天敵?

みんなは逃げていくディメンターに驚いて、そして俺に呆れた声で聞いてくる。

「・・・リオン。この1年でなにやったの?」

「なにって・・・リボンつけて、ドレス着せて、守護霊呪文の練習台にしただけだ。」

そんなたいしたことしてない。と、付け足すとみんなすごい勢いで首を横に振った。

失礼な!俺はた・だ・の!!学生だぜ?・・・ま、いいか。

「みんな、ちょと眠ってくれな。ラリホーマ。」

みんな、俺の魔法で眠ると俺は、うつぶせになっているピーターを足で仰向けにした。

「さて、てめーにはやってもらいたいことがあるんだ。」

俺は腕をピーターの心臓に突き立てるようにすると、すぐに引っ張りあげる。

俺の手の中には、手のひらに収まるほどの水晶玉のような球が一つ。

貫かれたと思われるピーターの体には、傷一つない。

当然だ。俺が引きずり出したのはピーターの魂なのだから。

この能力は、1年のクリスマスのとき、死神が教えてくれた能力の一つ。

その生き物の心臓部を貫くように手を突き立てると、そいつの魂が引きずり出せる。

複数ある場合は、俺の任意にどれか一つを引きずり出せるようになっている。

そして、死神からのクリスマスプレゼント。

俺は自分の親指を強く噛み、血を流す。

流れた血は手のひらに溜まり、それは紅い刀身のサバイバルナイフに変わる。

俺はナイフをぐっと握り、空いている手の中にあるピーターの魂を見た。

なんつーか、ドッロドロに濁ってやがる。

魂はそいつの本質だが、ここまで濁った色を見るのは初めてだ。

前にふざけてヴォルデモートの魂も見たことあるが、あれは黒曜石のように綺麗な漆黒で、中にわずかだけど光が見えた。

とにかく、さっさと済ませるか。

俺はナイフで魂をすっぱり半分に切る。

俺は魂の半分を肉体に戻すと、残りの魂を森に隠していたピーターそっくり人形に入れる。

肉体は魂に影響されるからな。

こいつもピーターと言っても間違いはない。

「う・・・」

俺は、最初に魂を戻したピーターを目覚めさせる。

ピーターは俺を見て、怯えたような目を向けた。

「あ・・・あ・・・」

「行け。」

俺は短く命令する。

「な・・・なぜ?」

「・・・俺は押し問答は好きじゃない。行かないのなら、おまえをディメンターに引き渡すが?」

俺は自分でも分かるぐらい冷たい笑みを浮かべているだろう。

ピーターは悲鳴を上げながら、ネズミに変身しながら逃げいていった。

これでいい。

これで、来年ヴォルデモートが復活する。

ピーターを逃がさなければ、ヴォルデモートは復活することなく消滅するだろう。

しかし、俺はそんな結末は嫌だ。

『死』なんていう終わり方なんて絶対に認めない。

あいつにはこの世で今までの罪を償ってもらう。

そのためには、肉体が無ければ始まらない。

さぁ、ネズミさん。俺のためにかつての主のもとに行くがいいさ。

罪を償うために。

 

 

 

許さない・・・許さない・・・そんなの認めない!!

 

 


また、俺の耳の奥に幼い子どもの悲痛な叫びが聞こえてきた・・・
 

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
リオンの常識ってなに???と問いたくなりますね・・・。でも、そんな非常識がリオンですね^^
しかし、あいかわらず声の主が分からないです。どんな伏線なんだろ・・?
次の更新がんばってください。
水川 2009/01/20(Tue)22:41:03 編集
こんにちは
こんにちは、そして初めまして。
とりあえず小説を一通り読ませてもらったのですが…とても面白かったです。
リオン君の最強っぷりは惚れ惚れしますし、.hackのハイド君は色々と共感出来るところもあって、楽しめました。
私もブログで小説を書いているのですが、中々上達しないのでここのブログはとても参考になります^^

では、次の更新も無理をなさらずにゆっくり頑張って下さい。
羽月 URL 2009/01/21(Wed)16:54:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]