忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前サイトのHIT小説。

死神からの招待状のリオン
.hack//hydrangeaのハイド
のコラボ小説!

その日、リオンはとある魔法の実験を行っていた。

たまたま図書館で見つけた題名のない魔法書。

リオンはそれをおもしろそうだと思い、理論を組み、今まさに実行しているのだ。

場所は誰もいないホグワーツの隠し部屋の一角。

現在リオンは、リドルの記憶を宿しているブレスレットを見つけていない。

実際にリオンは一人でこの魔法の実験を行っているのだ。

床一面に描かれている幾何学的な魔方陣が、リオンの紡ぐ詠唱と共に光を放っている。

「魔方陣よ、我を導け!幾何学と人の想いの集いし場所へ、こことは似て非なる『世界』へ!!」

リオンが最後の詠唱を終えたと同時に、魔方陣は強い輝きに包まれていく。

その光が収まると、残されていたのは僅かな残光を放っている魔方陣だけであった。

 

 

 

 

 

 

 

「あれ?」

その日、ハイドは奇妙な感覚を感じた。

この『世界』に来てから、およそ感じたことのない奇妙な感覚。

まるで異物がこの世界に異物が迷い込んだような・・・そんな感覚。

ハイドはその奇妙な感覚に辺りを見渡すと、いきなり目の前に見たことのない魔方陣と、見慣れないエディットの呪文使いの少年が現れた。

「な、なんだなんだ!?隠しイベントか!!?」

ハイドは半ばパニックになりながら、そう叫んでいる間に魔方陣は消え、残ったのは少年だけだった。

「いよっし!転移成功!!さーて、ここはどっこかな~?」

その少年がきょろきょろと嬉しそうに辺りを見ているのを、ハイドはただ呆然とするしかなかった。

それも仕方のないことかもしれない。

ハイドが今いる場所は、天気は晴れ、フィールドは平原、レベルはそこそこのエリアなのだ。

ハイドはそこでのんびり寛いでいると、突然起こったのが『これ』である。

この『世界』でよく見られる転送リングの光とは明らかに違う魔方陣、見たことのない・・・いや、過去になにかで見たことのある服装をした呪文使い(?)。

これでは、呆然とするかパニックになるのは、当然のことだろう。

ハイドがパニックになっているのとは反対に、呪文使いのほうはハイドの姿を認識すると、なぜか「げっ」といった顔で見てきた。

「あ・・・あんた、このゲームは初めてなのか?」

ハイドはなんとか気を取り直して、その呪文使いに声を掛ける。

もしかしたら、ハッカーかもしれないからある程度警戒しながら。

「え?ゲーム?」

呪文使いはハイドの言葉に、頭で?マークを浮かべそうな感じで首を傾げている。

そのモーションの使い方が、あまりにも自然すぎてハイドは初心者じゃないのか?と内心つぶやく。

(なんなんだ、こいつ?ここがゲームの世界だって認識がないくせに、その反面モーションとかの仕草が完璧すぎる・・・もしかして・・・)

「あんた・・・未帰還者か?」

ハイドはあまり当たって欲しくないな~という思いで、聞いてみる。

呪文使いは、その質問にまた首を傾げて

「未帰還者?・・・それって.hackの用語だっけ?」

なんてとんでもない爆弾発言をかましてくれた。

「な!?おまえ.hackを知ってんのか!?」

ハイドは驚愕の表情で呪文使いに迫ると、呪文使いは飄々と

「そりゃなぁ・・・って、まさかここってThe Worldの中なのか?」

呪文使いの恐る恐るといった声に、ハイドは大きく頷く。

「ああ、ここは世界最大といって言いMMORPG『The World』の世界。そんでお前何者?」

ハイドは肝心要のことを聞くと、呪文使いはあっさりと

「俺はリオン。ホグワーツ魔法魔術学校の生徒だよ。」

なんて杖を取り出しながら、言った。

ホグワーツ。

それはとてもある世界ではとても有名な名前。

とある世界で大ロングセラーになった有名な物語に登場する学校。

普通の学校ではない。

常識では考えられない不可思議なことが満載の学校・・・リオンがその生徒ということは・・・

「おまえ・・・異世界からの来訪者か!?」

結論。こんな答えが出てもしょうがない。

それでリオンの答えは・・・

「おお!よくわかったな。でも、知られたからには記憶を消すしかないかな~?」

などと、杖をハイドに突きつけて脅してます。

笑顔が微妙に怖いです。

「ま、待て!俺も同じだ!来訪者なんだよ!!」

ハイドは必死な形相で訴えかけると、リオンはそれに間抜けな表情で問い返した。

「来訪者?」

「そ!俺も来訪者」

 

 

 

 

 

 

その後、なんのかんのと言い合いながら、気のあった二人は、ハイドの案内の元『世界』を堪能しました。

リオンは無事に送還の魔法でホグワーツに帰ることができました。

めでたしめでたし
 

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]