忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 07  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はハリポタを更新!
つーか最近はハリポタばっかりだな…他の話も更新せなあかんのに…

今回はちょっとシリアスめです。

休日になり、俺はあるものを購入するべく、ホグズミートにきている。

 

 

 

 

死神からの招待状~3rd Stage~
『裏切りの真実』

 

 

 

 

カランカラン

「ありがとうございました。」

俺は両手いっぱいの荷物を抱えて店を出る。

後ろには実体化しているリドルとシリウス(犬)とフラッフィーも出てくる。

しかも、しっかり荷物をもってな。

『リオン。本気でやるつもりなの?』

『あれはやめたほうが・・・』

リドルとシリウスが抗議の声を上げる。

「やーだよ。なんなら、りどるんと天狼星の分も作るぞ?」

もうこれぐらいしか、今年は楽しみがなくなっちまったし。

『『いえ、結構です!!』』

2人はきっちり声を揃えて、断る。

そんなに嫌か?・・・ん?

俺は前方のほうを見ると、大き目のマントを被ったハリーの姿が目に入った。

なにやってんだ?

「よ!ハリー!」

俺はハリーの肩に手を置くと、ハリーはこちらがびっくりするぐらいの勢いでビクついた。

「な・・・り、リオン!?僕のことが見えるの!?」

「あ?何言ってんだよ、そんなマントを頭から被って・・・もしかして、透明マントか、それ?」

俺が聞くと、ハリーはこっくりと頷いた。

うわーマジかよ。

『リオン?そこに誰かいるのかい?』

リドルが訝しげに聞いてきて、俺は正直に言う。

「おう、ハリーが透明マントを被って、抜け道を使ってここにいる。」

俺はそう言いながら、今にも逃げようとするハリーの首根っこ掴んで、リドルの前に差し出す。

『ハリー?』

「ご・・・ごめん、りどるん。けど、僕どうしても・・・」

ハリーはおどおどしながら弁解するが、リドルはそんなハリーを安心させるような優しい笑顔を浮かべる。

目はかなり怒っているが。

『・・・まぁ、お説教は後にしてあげるよ。で?誰が僕のかわいいハリーに抜け道を教えたのかな?今はディメンターがうろついてるし、危険なんだ。頼むから来るなら、パトローナスを完璧にマスターしてからにしてくれ。』

でたよ、親バカモード。

ってか、ハリーはまだパトローナスをマスターするのに幸せが足りない気が・・・まぁ、いいか。3年の終わりにはハリーにとって幸せなことが起きるはずだからな。

「お?ロン、ハー子、ドラ子!!」

俺はハリーに問い詰めてるリドルを視界の端のほうに追いやると、ハニーデュークス店から出てきた3人を呼び止めた。

「あ、リオン。」

「あなたも来てたのね。」

「・・・ものすごい荷物の量だな。」

上からロン、ハーマイオニー、ドラコの台詞。

「よっす!ついでにここにハリーもいるぜ。」

俺は襟首を掴んだまま、ロンたちの前にハリーを差し出す。

透明マントは被ったままだ。

「へ?ハリーがどこに?」

「もしかして、透明マントか?」

ロンがキョロキョロ辺りを見回し、ドラコが俺が差し出している手の辺りを見ながら答える。

「Yes!ドラ子正解。このままマントを脱がしたら問題になるから、ハリーには変身してもらうぜ。モシャサス」

ドロン

俺が呪文を唱えると、ハリーはたちまち黒い毛並に翠の目の子猫になった。

そこで、透明マントを脱がしたらハーマイオニー達の目にもハリーが映った。

「キャーvハリーかわいいv」

ヒョイッとハーマイオニーは俺の手からハリーを抱き上げる。

『いつもながらお見事。』

リドルは感心したように呟く。

「なはははーそこの『三本箒』でバタービールでも飲もうぜ。ほら、ハー子も。」

ハーマイオニーはまだハリーを抱きしめてる。

ハー子さ~ん?それはハリーなんだよ?わかってる?

「ハ・・・ハーマイオニー、そろそろ離して!」

ハリーがハーマイオニーの腕から逃れるように、身をよじる。

ハーマイオニーは残念そうに、ハリーをドラコの肩に乗せた。

なぜにドラコの肩?

「災難だったな、ハリー。」

「規則破って来るんじゃなかった・・・」(泣)

おーい?なんだよ、2人して・・・

「ドラ子、ハリー。早くしねーとおごってやんねーぞ。」

俺のおごるの一言で、2人はすばやく反応して、店の中に入っていった。

ドラコもハリーも庶民派はんだな・・・

 

 

 

 

 

 


「はー、うまい。」

俺はバタービールを1口飲んで、そう呟く。

シリウス、ハリー、フラッフィーには店の人に深皿を用意してもらって、飲ませている。

そうして、ほのぼのしていると、唐突にハーマイオニーが聞いてきた。

「それにしてもリオンの目って不思議ね。」

「そうか?」

俺が首を傾げるとハリーもその話にのってくる。

「そうだね。僕の透明マントも見破るし。」

ハリー・・・まだ根に持ってんのか?

「列車の中でも、はっきり動けたのってリオンだけだしね。」

う~ん、俺にとってもこの瞳はまだ未知数なことがあるからな・・・

「んなこと言われても、俺も詳しいことは知らねぇな。」

カラーン

俺の台詞の直後に、先生たちと(おそらく)ファッジが入ってきた。

「あれって・・・」

「魔法省大臣だ。」

ドラコの答えに俺は確信を持てた。

あれが無能大臣ね・・・メラの一発でくたばりそうだな。

そっから先はご愛嬌v

一般に出回っている真実を知ったハリーは突然、『三本箒』から飛び出していった。

俺らは慌ててハリーの後を追う。

透明マントを俺が持っていてよかった。

じゃなけりゃ、俺以外ハリーの姿を見ることはできなかったぜ。

ハリーが止まったのは、辺りに人気がまったくない『叫びの館』が見える丘だった。

このとき、俺は不謹慎かもしれないが、一面の銀世界にぽつんと色を落とすハリーをとても綺麗だと思った。

まるで、一枚の絵画のように。

「ねぇ・・・」

ハリーがぽつりと声を出す。

「リドル。本当に犯人はシリウス・ブラックなの?」

ハリーはいつもの愛称じゃなく、リドルと呼ぶ声はこちらにもわかるくらい震えていた。

「リドルは父さんたちとずっと一緒にいたんだよね!?だから教えてよ!誰が・・・誰が父さんと母さんを殺したのか!!?」

痛い・・・聞いているこっちが痛くなるほどの悲痛な声。

ハリーの変化はいつの間にか解けていて、リドルに縋るようにその胸の中に飛び込んだ。

たとえ記憶でも、今のハリーにとって親と呼べる存在はリドルだけなんだ。

リドルは震えるハリーにそっと優しく抱きしめる。

『ハリー・・・直接、手を下したのは僕の本体・・・ヴォルデモートだ。』

「でも、リドルじゃない!リドルはヴォルデモートなんかじゃない!!教えて、誰がヴォルデモートを手引きしたのか!本当に父さんの親友が父さんを裏切ったのか!!」

ハリーの叫びにリドルはハリーを抱きしめる力を強くしたのが分かった。

『聞いても後悔しないかい?』

「・・・しない。なんて言えないけど、事実が知りたい。」

ハリーの答えにリドルは一つため息を吐く。

『親友の1人が裏切ったのは本当だ。』

ハリーとシリウスの肩がビグッと震えた。

『だけど、それはシリウスじゃない。』

「え?」

『逆なんだ、ハリー。シリウスが秘密の守人じゃない。ピーターこそが秘密の守人なんだ。』

ハリーはリドルの真剣な顔を見つめる。

あかん・・・このシリアスな空気に耐えられん!!

パオーーーン!

ズデーン!!

あ、俺の角笛でみんなずっこけた。

「「「「『リーオーンー』」」」」(恨)

「いっやー、なんかシリアスって苦手でよ。でも、事実を知って大丈夫かい、ハリー。」

俺がそう聞くと、ハリーは複雑そうな顔をする。

「わかんないけど、少しほっとしてる。」

「そか。さぁて!みんな冷えちまったし、バタービールでもひっかけようぜ!!」

「「「「『おーう!』」」」」

「「わん!」」

そっからはみんなで『三本箒』に行きました。





オマケ

「ところでさ。その角笛どうしたの?」

「ん?その辺の石に変身術かけた」

ちゃんちゃん♪
 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
やっぱリオンはギャグで乗り切らなきゃね~。
原作じゃすっごくシリアスだったのにこんなに変わるなんて嬉しい意味で予想外!
これならハッピーエンドもいろんな形でむかえられそう?
次の更新楽しみにしています。
水川 2008/12/02(Tue)11:10:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]