忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回予選落ちの人のお話です。

学園黙示録
俺の屍を越えて行け

の選手が脱落しました。


「うわーん、なんなんだよこれはーーー!!!」

俺は転生者だ。
前世の記憶があるだけで、その他になにかチートがあるわけでもない俺は現代とほとんど変わらないこの世界で普通に生活していた。
このまま、また無為に歳を重ねるだけかと思っていたのに、それはあっさり崩れ落ちた。
ゾンビ……いや、この世界風にいうなら『奴ら』の存在によって。

突如として現れた『奴ら』に俺は目の前で両親を食われて、俺は命からがら逃げる。

「ここが学園黙示録の世界なんて嘘だろー……なんて世界に転生しちまったんだよ~」

この記憶があってよかったのか悪かったのかわからない。
あってもあんまり意味がない気もする。
ただスーパーから拝借したかんしゃく玉や爆竹なんかを使って逃げ回ることしかできないのだから。
つーか、現実にあんな都合よく銃が撃てたり、手に入れるわけがねぇんだよ!
本当に主人公補正ってのが羨ましすぎるーー!!

俺はどこか自棄になりながらも足を止めない。
止めたらそこで俺の2度目の人生が終了だってわかるから。
もう町のどこを走っているのかもわからない。
いざとなったら、どっかの屋根に上って休憩とるか?
そうして道路の角を曲がった俺は誰かにぶつかってしまい尻餅をついた。

「いてて、ご、ごめんな……へ?」

ずぶりっ

俺の肩に痛みが走った。
俺がぶつかった奴に食いつかれたのだ。

「う…そ…だろ……こ、こんな……」

頸動脈を食いちぎられたのか、急激になくなる血に体が冷たくなるのを感じる。
ああ、俺はここで死ぬんだ。
ただそれだけはわかった。そうして俺は死んだ。


学園黙示録の世界 予選脱落

 

 

 

 


私は自分の死期が近いことがわかる。
この世界に生まれて2年と3か月。
一族の中では長生きのほうなんだろうな。
神との間に生まれた子供。
鬼と戦い、神との間に子を設けて次を繋ぐ。
ただそれだけの人生なのに、前の人生よりも充実している。
私の枕元には私の産んだ子供やその子供たちがいる。
それを見ながら私は笑みを浮かべる。
本当に短いけれど、悪くない人生だったな。

「ああ、もうやることがなくなったな。」

私は一族のみんなに見守られながら、息を引き取った。


俺の屍を越えて行けの世界 予選脱落

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]