忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

錬金術師は魔法使い!?の小話です。

お題は適当で変なお題からいただきました。


「うわー!すげー!!」

「エド、調子に乗って集中力切らすんじゃないわよ。」

その日、エドワードはリナにレイ・ウイング(翔封界)を教わって、真夜中の空を飛んでいた。

季節は冬。

空は澄んでいて、満月が綺麗な夜だ。

エドワードは人類の夢の一つである空を飛ぶことを、実現できた興奮を抑え切れなくて、空を鳥のように自由に飛んでいる。

エドワードの首に巻いてあるマフラーが風になびいて、さながら羽が生えているようにも見える。

「ふむ。初めてにしてはなかなか筋がいいわね。」

リナはエドワードの飛びっぷりに、満足げに頷いた。

あと数分で、集中力の切れたエドワードを救出する羽目になるとも知れずに・・・


 

 


「兄さん!僕、昨日の夜すごいの見ちゃった!」

翌日、エドワードが錬金術の本を読んでいると、なぜか興奮しているアルフォンスに迫られた。

「な・・・なにを見たんだ?」

エドワードはアルフォンスの剣幕に怯みながらも、かろうじてそう聞いた。

「あのね!昨夜、窓から外を見たら天使がいたんだ!」

「は?」

エドワードはアルフォンスの言葉に、目を点にした。

「空を自由に飛んでて、金色の髪がキラキラしていてすっごく綺麗だったんだよ!ほかにもね!」

アルフォンスはエドワードが口を挟む隙もなく、昨夜見た天使について延々と熱弁する。

エドワードは最初、夢でも見たんじゃないのか思っていたが、よくよくその天使の特徴を聞いてみると、昨夜の自分と当てはまる部分が多すぎる。

エドワードは無意識のうちに冷や汗を流した。

「また、会えないかな~・・・」

ぽーっとした顔で空を見上げる弟に、エドワードは深く謝罪した。

そして決意した。

この秘密は墓場まで持っていこうと・・・

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]