忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 07  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『う~疲れた・・・』

その日の授業が終わって、俺はぷかぷか浮かびながら1人ごちた。

なんせ、ハリーの熱狂ファンのコリン・クリービーに散々追いかけられたからな・・・何度カメラを壊してやろうかと!!

俺は怒りに拳を震わせてたら、ハリーたちを珍しいところで見た。

『おーい、ハリー、ロン、ハー子、ドラ子ー!』

「「「「リオン!?」」」」

『なにやってんだ?ここって、"嘆きのマートル"のトイレだろ?』

なんでまたこんなところに・・・

「うん。りどるんがここが秘密の部屋の入り口の一つだって。」

ハリーまでりどるんって呼んでる・・・って、もう教えたのかよ。

『リ~オ~ン~(怒)』

ギクッこの声は・・・

俺は声のするほうを見ると、そこには素敵な笑顔を浮かべたリドルがいた。

『や・・・やぁ、りどるん!』

『やぁ、リオン。(ニコニコ)まったく君には首輪でもつけなきゃ解らないのかな?・・・あれほど無茶するなと言っただろう!!?』

うわーん、怖いよー!!

『ご、ごめんなさーい!!』

俺はものすごい剣幕で怒鳴るリドルに必死に謝る。

リドルの奴、本気で怖いんだよー!!
 


死神からの招待状~2nd Stage~
『ロッククライミング?』








ここで、一つ疑問が生まれた。

『なぁ、秘密の部屋の入り口ってここだけじゃないのか?』

さっき、『入り口の一つ』だって言ってたし・・・

俺が聞くとリドルが説明してくれた。

『ああ、他にも一応あるんだ。ここが一番簡単な入り口でね。』

簡単って・・・ここも十分難しいと思うぞ。

『この子らが勝手に見つけて入らないように、ここだけ教えているんだ。』

『ちなみに他の道は?』

な~んか聞いてはいけない気が・・・

『僕が見つけたのはここを除いて3箇所。そこはパーセルタングこそ必要ないけど、凶悪なトラップが山程あってね・・・それこそ、リオン並みの運動能力がなければ軽く2~3回死ねるね・・・』

『げっ・・・あれ?でも、ジェームズさんたちも入っていたんだよな?この入り口を使ってたのか?』

流石にその道を使うことはないよな~?

『・・・・・・』(サッ)

ナゼ、顔ヲソラスノデスカ?

「父さんって・・・」

あ、ハリーも絶句してる。

その後、リドルに対策が見つかるまで秘密の部屋に入らないように、キツーク注意されました。

 

 

 

 

『クィディッチ♪クィディッチ♪やっと見れるんだー♪』

「やけに嬉しそうだな。」

俺が廊下をふわふわ浮きながら進んでいると、後ろから声を掛けられた。

な~んか、聞き覚えのある声だな・・・

俺は機械の如く、ギギギギっと振り向くと・・・

「どうしたのだ?」

我らスリザリンの寮監スネイプ先生でしたv

うわー嫌な予感・・・

『スネイプ先生こそ、どうしたのですか?クィディッチの試合を見に行かれないのですか?』

今日の試合はグリフィンドールVSスリザリンのはずだぞ?

ちなみに、スリザリンのシーカーにドラコが選ばれた。

ちゃんと実力で入っているし、箒もハリーと対等でありたいとのことで、ニンバス2000なのだ。エエ子やなぁ。

「いや、最近スリザリンとグリフィンドールの仲がいいからな。その筆頭の生徒に話を聞こうとおもってな。」

・・・そんなことかい。

『いいじゃありませんか。他寮と仲が良くても。ゴドリックとサラザールも大親友だったそうですし。』

そう!この2年間(っていっても、1年とちょっと)、少しずつだが溝がなくなってきてるのだ。

その証拠に、パンジィやビンセント、グレゴリーもグリフィンドールの生徒たちと仲良くなっているのだ。

流石に、上級生は難しいみたいだけど。

特殊な例:クィディッチの両キャプテンetcetc

『ヴォルデモートがまだ完全に消滅したわけじゃありませんので、寮同士結束するのがいいと思いますよ。』

スネイプは『ヴォルデモート』という単語に一瞬眉根をよせたが、すぐに戻った。

『そんじゃ、俺はこの辺で!!』

「あ、待たないか!!」

俺は風を切る勢いでその場を逃げた。

だって、早くしねーと試合が終わっちまう!!

 

 

 

 

 


競技場へ行くと、試合はとっくに終わってました。(涙)

そんで・・・

「さぁ、ハリー、マルフォイ君。私が治してあげよう!」

「「い!いらないいらない!!」」

『2人になにかしたら、呪うよ?』

う~ん、三つ巴?

なんか余計のお世話の如く、ロックハートがハリーとドラコのケガを治そうとして、それを嫌がるハリーとドラコ。さらにその間に2人を守るようにリドルが(わざわざスリザリンの制服を着て)立っている。

なんでハリーだけじゃなく、ドラコもケガしてるのかは置いといてだ。

まず・・・

『邪魔だ!この変態似非教師!!』

ドカーン!!

足だけに魔力を集中させて、ロックハートを蹴り飛ばしたvはぁ、スッキリした!

「「『ナイス、リオン!』」」

『Thanks!』

ハリー、ドラコ、リドルからGOODを貰った。やりぃ☆

ちなみにロックハート・・・気絶中(チーン)

『2人ともケガしたのか?それなら医務室に行かねーとな。モビリアーブス。』

俺が呪文を唱えると、2人の体がマリオネットのように吊るされた。

俺はそのまま2人を医務室へと連れて行った。

ロックハートはそのままでv

 

 

 

 

 

 


「まったく、リオンったら先生にあんなことして!」

『だってあいつ信用できねーもん!』

俺の台詞にハーマイオニー以外の全員が頷く。

ここは医務室。

ハリーとドラコのケガは骨折と判明。

聞くと、ハリーを狙いまくりのブラッジャーからドラコがハリーを庇って骨折。そのドラコに気を取られてハリーまでもがブラッジャーの餌食になった。

ちなみにスニッチはハリーが落下中にしっかりキャッチ!とのことで、グリフィンドールの勝利である。

「それにしても落下して尚、スニッチを取るなんて・・・」

「ウッド並のクィディッチ馬鹿まっしぐら?」

『ロンもハー子も言うねぇ』

ハリーの奴、ちょいと落ちこんでんじゃん。

「はいはい。とりあえず、ミスターポッターもミスターマルフォイも安静のため、今日は医務室に泊まってもらいます。」

あ、マダム・ポンフリーだ。

『あ、マダム。俺の体はどうですか?』

「かわりありませんよ。さぁ、みんな出た出た!」

そっからは、みんな追い出されちまった。

あ!今度みんなにアレを教えよう!

 

 

 

 

 

 


『それでは、みんなに壁登りを教えよう!!』

「「「「はぁ~!!?」」」」

ここはホグワーツの一番高い塔の根元。

そこにみんなを呼んだ俺は上記の台詞を言うと、次のように反論された・・・

「なんで、いきなり壁登り!?」(ハリー)

「ロッククライミングでもする気なの?」(ハーマイオニー)

「そんな魔法なんてあったかい?」(ロン)

「箒を使えばいいじゃないか。」(ドラコ)

クスン・・・みんな可愛くない・・・

『ロッククライミングでも魔法でもないよ。いや、魔力を使うから魔法に近いかな?魔力だけで壁を登るんだ。』

俺はそれからだいたいの説明をした。

『練習スタート!!』

ダッ

おーみんな結構いくなー!・・・あ。

ズドン

「いたたた・・・」

『最初の脱落者はロンか。ロンってコントロール荒いからな・・・』

俺が冷静に評価してると次の脱落者が落ちてきた。

ズドッ

「う~・・・」

『次はハリーか。魔力の許容量は多いけど、コントロールはロンと同じだな。』

それに比べてあの2人はすごいな~

俺はまだ登っていくハーマイオニーとドラコを見た。

そして、塔の4分の1のところで・・・

ズル

「「あ!」」

『お、2人同時か。ウィンガーディアム・レヴィオーサ!』

俺は魔法で2人の落下速度を弱めると、ハーマイオニーもドラコもきれいに着地した。

『みんな初めてにしては上手だったよ。これからも塔の頂上に行けるように頑張ろう!!』

「「「「お・・・おお(本当にできた)」」」」

あらら、疑ってたの?

 

 

 

 

 


あれから一週間。

みんなかなり慣れてきて、最近じゃ歩いて塔の半分まで行けるようになった。

そんで、今夜は『決闘クラブ』が開かれるようになった。

あの似非ペテン師変態詐欺師野郎。俺のヒントをちゃんと聞いてたのかよ。(気絶してたってby朱雀)

「リオンも参加するの?」

ドラコに聞かれて俺は茶化して答える。

『いんや、見学。なんせ今はただのゴーストもどきだし。おかげで飯が食えねぇ・・・』

「(ただの?絶対違う・・・)そうか。」

なんか含みあったろ?

そっから先はご愛嬌v

スネイプ先生とロックハートの模範で、ロックハートが伸びちまいました。グッジョブ!!

そんでただ今、生徒同士の模擬戦なんだが・・・なんつーか、阿鼻叫喚?

お互いに知ってる魔法を掛け捲り♪

てなもんで、俺は回復要員に回されちまいました。

フィニート・インカンターテム!大丈夫か、ロン?』

俺はロンの呪いを解きながら、起き上がらせる。

「な・・・なんとか。」

そう言って答えるロンはあまり大丈夫そうだとは言えなかった。

にしても、おかしいな。こいつらにはペンダントを渡してるのに・・・まさか。

『ロン。俺が去年渡したペンダントはどうした?』

「え?あれなら、寮の部屋に置いてあるよ。」

『(やっぱり)今度からしっかり身に付けとけ、俺の防御魔法が掛かってるから。』

「わ・・・わかった。」

俺はロンが頷いたのを確認して、次の怪我人のところへと行った。

『ハー子!ミリセント!大丈夫か?』

「あ!リオン。ミリセントが私の魔法と反射した自分の魔法を食らっちゃって・・・」

俺はそれを聞きながらミリセントを診ると、なんか所々焦げてる気が・・・(汗)

『あ~・・・フィニート・インカンターテム。ベホイミ。大丈夫か?』

「う~ん・・・」

少し置いといたほうがいいな・・・え~っと、他に怪我人は・・・

俺が他の怪我人を探していると、ロックハートが大変なことを言いやがった。

「それでは、ハリー・ポッター君とドラコ・マルフォイ君にみんなの前でやってもらいましょう!」

んな!?その二人はまだ回復させてねーんだぞ!?

「1-2の-3!」

「「エクスペリアームズ!」」

パァーン!

おぉ、きれいに相殺されたな。

「リクタスセンプラ!」

「タラントアレグラ!」

パァーン!

2人の次々と魔法を掛け合っていくが、全部ダメ。

相殺されるか、俺のペンダントで反射されるかだった。

「ディフィンド!」

「デンソォージオ!」

パァーン!

『2人ともよく続くなぁ』

一体どこまで続くんだ?

「リオン。あれ止められない?」

あまりにも続くそれに、流石のロンも呆れてる。

『そうだな・・・サーペンソーティア!』

シャー!

ハリーとドラコは突然出てきた蛇にピタッと動きを止めた。

『2人ともいいかげんヤメー!いつまで経っても終わんねーぞ!!』

『だー!!いきなり呼び出すんじゃねーよ!』

うわ!蛇が怒鳴った。あ、ハリーも驚いてる。

そっからは、ハリーがうっかりパーセルタングを使って色々とうやむやになっちまいました。

 

 

 

 

「まったくハリーったら、人前でパーセルタングを使っちゃダメって言ったでしょう!!」

『まぁまぁ。俺もうっかり蛇なんか出したのが悪いんだし・・・』

次の日。

すっかり練習場になっている塔の裏側で、俺とハリーはハーマイオニーに説教されてます。

ロンとドラコは壁登り中。

「はぁ、もういいわ。過ぎたことを言っても仕方ないものね・・・」

ハーマイオニーは諦めたように言うと、壁を登りはじめてドラコたちと合流した。

「リオン・・・」

『ん?なんだ?』

「リオンも僕のことを秘密の部屋の継承者だと思ってるの?」

『ぶっ!!おまっ!わかって言ってるだろ!!?』

ハリーは俺が噴出したのを面白そうに見て

「あははは!はやくりどるんのもう一つの記憶の媒体を見つけようね。」

そう言って、ハリーは壁を登り始めた・・・って、待てい!!?

何時の間にリドルの奴話したんだ!?・・・まぁ、ちゃんとした知識があるなら、ある程度危険は避けられ・・・るよなぁ?

俺はそう考えながら、上のほうでいつの間にか追いかけっこで遊び始める4人を見た。

ズルっ×4

『あ』
 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]