忍者ブログ
管理人が思うままに書き散らす駄文ブログサイト
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Digimon Arcadiaの小話です。

お題は適当で変なお題からいただきました。

「母さん・・・」

その日、鷹史は眠れない夜を過ごしていた。

「どうしたの?眠れないの?」

母・京はそんな息子を気遣うと、鷹史はこくんと首だけ動かして応えた。

そんな息子の様子に京は半分呆れると、手招きして息子を呼んだ。

鷹史は素直に従うと、京の隣のベッドに潜り込む。

「しょうがないわね。それなら、寝物語でもしてあげるわ。」

「・・・父さんと母さんの子供の頃の話が聞きたい・・・」

「いいわよ。それなら、一番最初にお父さんと会ったときの話からしましょうか。」

京は優しい声で、昔の話をする。

昔にあった冒険の日々を。

それは鷹史の耳には、安らかな子守唄に聞こえてくる。

しばらくして、二人分の寝息が聞こえてきた。

 





これは新たな冒険が始まる前のちょっとした物語。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ フリーエリア
★ 最新コメント
[04/30 非生命体R]
[02/11 うにゃ]
[08/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
[07/24 うにゃ]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)泡沫の夢を見るものに祝福を All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]